JIS規格の 快削黄銅 C3601 C3602 C3603 C3604(JIS H 3250)

前の所に戻る

合金番号 化 学 成 分 %
Cu Pb Fe Fe+Sn Zn
C3601 59.0~63.0 1.8~3.7 0.30 以下 0.50 以下 残部
C3602 0.50 以下 1.2 以下
C3603 57.0~61.0 0.35 以下 0.6 以下
C3604 0.50 以下 1.2 以下

Cu:銅 Pb:鉛 Fe:鉄 Sn:錫(スズ) Zn:亜鉛(アエン) Cd:カドミウム

ローズ(RoHS)指令では、真鍮(しんちゅう)は 4 wt% 以下の鉛が許容されます。

例えばC3604の中で、各材料メーカではJISの銅分「57.0%~61.0%」の 4% 範囲よりも、きめ細かく銅分を区別して色々な性質を持たせた材料を作っています。

また、C3601・C3603 では C3602・C3604 に比べて不純物(Fe+Sn)が少ないのですが、弊社で使った実績は余りありません。

快削黄銅は切削性を良くする(削り易くする)為に、鉛(Pb)を意図的に添加していますが、JIS規格のC3601~C3604の鉛(Pb)含有率は、1.8%~3.7%でローズ(RoHS)規制の4wt% 未満をクリヤーしています。

カドミウム(Cd)の混入は、電気亜鉛、再生亜鉛、黄銅の切粉、黄銅棒屑に不純物としてカドミウム(Cd)が含まれている為です。

 

弊社で使用している快削黄銅

前の所に戻る

下記における各メーカーの成分の仕様数値は、大木伸銅産業株式会社のWEBサイトと、 サンエツ金属株式会社のWEBサイトに載っているデータから転載しました。 (サンエツ金属のWEBサイトは縮小されていますので、拡大してご覧ください。)

弊社で仕入れている材料問屋さんを通じて、もっと詳しい仕様データを問い合わせたのですが、教えて貰えませんでした。 ここに記載した DATA例と Cd の仕様値は、材料を仕入れた時に付いてくるミルシート(材料試験成績表)から転載しました。

メーカー 記号 成分
内容
化 学 成 分
Cu
%
Pb
%
Fe
%
Fe+Sn
%
Zn
%
Cd
ppm
大木伸銅 A 材
(LCd)
仕様 59 3.1 ≦0.3 ≦0.7 残部 < 75
データ例 59.3 3.1 0.10 0.36 8
SA 材
(LCd)
仕様 58 3.3 ≦0.3 ≦0.7 残部 < 75
データ例 57.9 3.3 0.10 0.34 9
サンエツ
金属
NB5N
(N 材)
(LCd)
仕様 59.5 3 残部 < 60
データ例 59.55 3.07 0.12 0.38 8
NB5S
(S 材)
(LCd)
仕様 58.2 3 残部 < 60
データ例 58.40 3.17 0.12 0.40 23
NB5T
(SS 材)
(LCd)
仕様 57.2 3.6 残部 < 60
データ例 57.32 3.33 0.10 0.36 7
A44P
(LCd)
仕様 58.4 3 残部 < 60
データ例 58.44 3.12 0.20 0.50 11

 (LCd)は、ロー・カドミ規制材です。

 Cu:銅 Pb:鉛 Fe:鉄 Sn:錫(スズ) Zn:亜鉛(アエン) Cd:カドミウム

各伸銅メーカーでは、JIS規格のC3601~C3604の鉛(Pb)含有率 1.8%~3.7%を満足しており、ローズ(RoHS)規制の4wt% 未満をクリヤーしています。

また、不純物としてのカドミウム(Cd)を 75ppm(0.0075%)または 60ppm(0.0060%)未満に管理した真鍮材(LCd)は、日本の各メーカーの環境規制をクリアーしています。

『ウィキペディア(Wikipedia)』のカドミウム参照
"ppm" を英辞郎 on the WEBで調べる