切削加工と塑性加工を比較

前の所に戻る

まずは、切削加工とそれ以外の加工方法について、考えます。

出典:「東海大学 産業工学部 機械システム工学科 機械工作法2」より
(太字は斉田製作所による)

『加工法には大きく分けて、除去加工非除去加工の二通りがある。 除去加工は切削加工や研削加工に代表されるように切屑を出して加工する方法であり、 非除去加工は加工時に切屑を出さない加工法で、塑性加工や溶接や鋳造などである。』

塑性加工とは、余り聞いた事の無い言葉だと思います。

塑性加工とは、材料に大きな力を加えて変形させることによって、目的とする形状に加工することである。 一般に他の加工方法より加工時間が短く、材料のロスが少ないため、工業製品の生産等に広く用いられる。』 『塑性加工の種類には、鍛造加工、押出し加工、圧延加工、引抜き加工、転造加工、プレス加工(せん断加工、曲げ加工、深絞り加工)、などがあります。』

出典: フリー百科事典「ウィキペディア」塑性加工より

切削加工と良く比較される加工方法としてのの塑性加工の中で、大きく分けると「鍛造加工」、「転造加工」、「プレス加工」があります。



 

イモネジを作る(切削と転造)

前の所に戻る

ここでM2x5.0 の「すりわり付き止めねじ」を切削加工で作る場合と、「六角穴付き止めねじ」を鍛造と転造で作る場合について、考えます。