イモネジとドライバーの刃幅

前の所に戻る

イモネジはメネジの中に入っていくので、マイナスドライバーの刃幅はメネジの穴径よりも小さくないと メネジの中を傷つけてしまいますので、すりわり付きイモネジの呼び径(太さ)と、 マイナスドライバーの刃幅との関係には、気を付ける必要があります。

例えば、ベッセルの精密ドライバー 6本組のNo.207と言う精密ドライバー・セットの中に、 マイナスドライバーの刃幅として標準的に使われる 0.9mm、1.2mm、1.8mm、2.3mmが有りましたが、 No.207は今は廃番で、その後継は少し高級感のある 6本組のNo.TD-56です。

それぞれに適したイモネジの呼び径(太さ)が有りますので、下記に記します。

並 目 ね じ メネジの内径
(mm)
適合する刃幅
(mm)
その刃厚
(mm)
DELscrewの
すりわり幅(mm)
呼び径 ピッチ
  M1   0.25 φ0.75 (0.7) 0.2 0.28
  M1.2   0.25 φ0.95 0.9 0.2 0.30
  M1.4   0.3 φ1.10 0.35
  M1.6   0.35 φ1.25 1.2 0.25 0.35
  M1.7   0.35 φ1.35 0.35
  M2   0.4 φ1.60 0.35
  M2.3   0.4 φ1.90 1.8 0.3 0.50
  M2.5   0.45 φ2.10 0.50
  M3   0.5 φ2.50 2.3 0.35 0.50

上記の表から読み取りますと、M1のイモネジには刃幅0.9mm×刃厚0.2mmのマイナスドライバーの刃幅を、 0.7mmに落せば、使える事が分かりますね。

また、ベッセルには1本売りの精密ドライバーNo.TD-51(-0.7)と言う、 超精密・小ねじ専用のマイナスドライバーが有りますが、この寸法は、刃幅0.7mm×刃厚0.15mmですので、そのままでM1のイモネジに使えます。

No.TD-51シリーズには、刃幅0.9mm、1.2mm、1.8mm、2.3mmが有りますが、No.207シリーズの物よりも、 より精密に使い易くなっている様に思います。

さて皆さんが、小さいイモネジを使って組立てをする時に、磁気を使わずにマイナスドライバーの先端にイモネジを くっ付けて落ちないようにして使うには、使うイモネジのすりわり溝の幅にドライバーの刃厚を合わせる必要がありますし、 すりわり部に入る刃の角度も調整した方が良いでしょう。

また、イモネジのすりわり溝の幅の精度(大きなバラツキは不可)も必要ですし、深さも一定の必要があります。

 

イモネジの先端形状、使用例

前の所に戻る

イモネジ、先端形状の使用例へ


平先-1

平先-2

平先-3

とがり先-1

とがり先-2
(ここは空白です)

棒先-1

棒先-2
(ここは空白です)

 

DEL規格と、JIS規格の比較表(pdfの表が表示されます)

前の所に戻る

下記をクリックすると、それぞれの pdf 図(大きいです)が表示されます。

 

並目と細目の、使い分け

前の所に戻る

 

不完全ねじ部が、0.5Pのネジ

前の所に戻る

 

ネジのチェーシング加工

前の所に戻る

 

切削ねじ加工の違い

前の所に戻る

 

すりわり付きと、六角穴付き

前の所に戻る

 

切削工具は99%を自社製作

前の所に戻る