並目と細目の読み方

前の所に戻る

並目と細目の読み方ですが「並目」はJISでも我々でも「なみめ」と読みますが、 「細目」については、JISでは「ほそめ」となっていますが、我々は「さいめ」と言っています。

また、「並目ねじ」は「なみめねじ」、「細目ねじ」は「さいめねじ」と呼んでいます。

「細目ねじ」を「ほそめねじ」と呼ぶと、 何かスレンダーな(slender(英辞郎) - スマートな、か細い、ほっそりした、細長い)ねじを思い浮かべてしまいます。

同じ呼び径(太さ)のネジで並目ピッチと細目ピッチでは、確かに並目の方がねじ山が大きい分ガッシリした男性的な感じで、 細目の方がねじ山が小さい分スッキリした女性的な感じ、とも言えそうですね。

 

並目と細目のピッチ比較

前の所に戻る

「ねじ呼び径」別の、「並目と細目」のピッチ比較表
呼び径 M1 M1.2 M1.4 M1.6 M1.8 M2 M2.5 M3
M3.5
M4
M5
M6
並目 0.25 0.25 0.3 0.35 0.35 0.4 0.45 0.5 0.6 0.7 0.8 1.0
細目 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.25 0.35 0.35 0.35 0.5 0.5 0.75

呼び径ごとの、並目ピッチと細目ピッチの一覧表です。

 

並目ピッチを使う

前の所に戻る

止めネジのネジピッチは通常、並目ピッチを使います。JIS規格の止めネジは、全て並目ピッチです。

並目の方が細目に比べて、雄ネジと雌ネジとの噛み合いが大きくなりますので、ねじ山の強度は大きくなります。

つまり、ねじ山に大きな加重が掛かって、かつ繰り返しの締め戻しが行われる場合、雄ネジや雌ネジが「ボウズ」になる可能性が低くなります。

 

細目ピッチを使う

前の所に戻る

  1. 全長が極端に短いイモネジ(サンプル写真)

    全長の短いすりわり付きイモネジを作るには、ねじ山部分が2山あれば、すりわり加工が可能です。 ですので、より短い短い全長が必要な時には、並目ピッチでなく細目ピッチを使うと、良いでしょう。

  2. 調整ネジ(Adjust screw)として使うイモネジ(サンプル写真)

    調整ネジとして使われるイモネジの場合は、ねじ山に大きな加重が掛かる事は少ないでしょうから、細目ピッチを使います。 これは調整精度の向上を目指しての事です。
    (参考:M2ネジの、並目ピッチ=0.4mm、細目ピッチ=0.25mmです。)

    細目ピッチのネジ精度を、より高く必要とされるのであれば、ご指定下さい。 弊社では、普通級のピッチ精度と、精密級のピッチ精度に分けて製作可能です。
    普通級の場合、単独ピッチ精度で0.010mm以内、累積ピッチ精度で0.020mm以内です。
    精密級の場合、単独ピッチ精度で0.005mm以内、累積ピッチ精度で0.010mm以内です。

    但し、細目ピッチは受注生産品ですのでコストも高く、納期も長くなりますので、コストの低さや納期の短さを考えて、 並目ピッチのDEL規格の丸先止めネジを調整ネジとして使う事も、一案でしょう。

  3. イモネジに、緩みにくさ(緩み止め)を期待して

    細目ピッチの方が、並目ピッチに比べて、ねじのリード角が小さくなります。 リード角が小さいと言うことは、多少の振動に対してねじが緩みにくい事になり、緩み止めを期待できます。

    調整が済んだ後の、ネジロックをするまでに緩んでしまうのを、防止できることも期待されます。

  4. 細目ねじ の製作には、並目ねじ に比べて高いネジ精度が必要です

    細目ピッチの方が、並目ピッチに比べて、ねじ山の高さが小さくなる為に雄ネジを作る時、高いネジ精度が ねじ寸法に求められます。 また、雌ネジを作る時、下穴径の寸法精度も高くなります。

    具体的なネジ精度は、並目ねじ と細目ねじ、ねじ の「はめあい区分」や ねじ呼び径により、その組合せは多岐に渡りますので、ここでは省略します。

 

はめあい区分

前の所に戻る

ちなみに「はめあい区分」のJIS規格には、
『メートル並目ねじの許容限界寸法及び公差』B0209-1997
『メートル細目ねじの許容限界寸法及び公差』B0211-1997に、
はめあい区分:精・中・粗、と3種類あります。

この区分は、新しいISOによる呼び方で、昔のJISでは、1級・2級・3級、と呼んでいました。
上記JISに、『ねじのはめあい区分と等級の対応』として下記の記述があります。

区 分 適  用  例
特にあそびの少ない精密ねじ。
機械、器具、構造体などに用いる一般用ねじ。
建設工事、据付けなど汚れやきずがつきやすい環境で使われるねじ、 又は熱間圧延棒へのねじ切り、長い止まり穴へのねじ立てなどのように、 ねじ加工上の困難があるねじ。